• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週末はモナコGP

なわけですが
雨が降ったら面白いかもなぁと思いつつ、最近の降る振る詐欺には嫌気がさしてるので
まぁ降らないだろうと予想。

コース的にはマクラーレンのほうが有利なのかな?
まぁ正直どうでもいいんですけどな
アロンソがトップに関わってこないのはつまらないですし、マッサとか明らかに役不足なんでね
なんだかんだでやっぱりフェラーリが勝つんじゃないのかな
ピット戦略でいつの間にか前に出てるんだろうな


うーんしかし今年も微妙です
2003年以来面白いシーズンが来ないなぁ
オーストラリアの時はフェラーリ2台が沈んだせいか、おおお今年こそは面白くなるんじゃねぇのと思ったんですが、結局きゃつらの圧倒的有利は崩れなかったですね。
ストレートスピードが段違いなので、やっぱりエンジン開発のうわさは本当なんだろうか………

まぁFIAはフェラーリが牛耳ってるようなもんですし、しばらくは何も言われないでしょう
しかしここまで政治色の強いスポーツもそうそうないだろうなw

個人的にはBMWも期待はずれ
速くなったとか、三強がどーのとか言われてますけど、実質フェラーリとの差は去年と同じ
マクラーレンが落っこちたと言うほうが正しいでしょう


せめて90年代後半ぐらいの面白さは見せて欲しいもんなんですが
無理なんだろうなぁ
スポンサーサイト

コードギアス 第7話 「棄てられた 仮面」 感想

初感想。書き方がよくわからんw
読みづらかったらすいません


今日も面白かった。面白かったんだけど―――相変わらず1期に比べて展開が強引になってるように感じます。
もうちょっとストレートに来ると思ってたんだけどな。

・うちひしがれるルル
まぁ、弱きもののための黒の騎士団ってーのはあくまで建前っつーか、この「弱きもの」ってのはルルのなかでナナリーに限定されるものでした。んでもってそれを当のナナリーに否定されたわけですからルルのショックは半端ないものだというのはよくわかります。

しかしまぁ、それだけのことでゼロを辞めようとするのは、やはり彼にとって日本はどうでもいい存在なんだろうなぁ。黒の騎士団に対する責任のようなものは感じてるようですが。
先週が終わった段階では、それにプラス日本人に対する同情心というか日本に対するものの考え方が彼の中で変わるのかもという淡い期待を抱いていたのですが、まさかキチガイ寸前に落ち込むだけとは。
まぁ1期からの通例とはいえ今回も微妙に裏切られた形になっちゃいました。そう、この微妙な裏切り方がギアスクオリティ。
でもルルが日本側につく限り私はルルを応援します。

・ナナリーの特区日本再建
まぁぶっちゃけ作中の人間からすれば、なにほざいてんだこのガキみたいな感じなんでしょうね。
まただまし討ちをやられると日本人は受け取るでしょうから。

ユフィのことは何かの間違いのような受け取ってるのかな?
彼女の性格をナナリーは知ってますからね。そりゃ信じようとは思わないでしょうけど。
つーか1期の学園祭でナナリーとユフィが会ったのはこれの伏線だったのかな。

まぁ争いが嫌いな性格だということからもこうなることは目に見えてはいましたけど、今ひとつナナリーのキャラがつかみづらいなぁ。もうちょっとナナリー自身の性格を掘り下げるエピソードがほしい。

というかね、ユフィにせよナナリーにせよ、口では凄く良いことを言ってますけどね。実際目の前に復讐に燃える日本人が現れたときになんて言うのかなぁと思います。
口だけの謝罪するのか、はたまた一緒に生きていこうなどと都合のいい電波を送るのか、まぁおそらく何も言葉にできないでしょうけど、そういうところをこの作品は描かない、というか多分意図的に描くことを避けてるのでイライラするんですよね。

・ウザクソ、もといスザク
日本人に感情移入してる私からすればこいつは悪魔です。人非人です。
もがき苦しんでじわじわとデストロイされるのを大いに期待します。
というか最終的にナイトオブワンになって統治ができたとして、日本人がそれを受け入れる可能性は低そうですけどね。
むしろイレブンのころよりあがった地位を生かしてテロに走りまくるんじゃなかろうか。
結局ブリタニアの属領ってことに変わりは無いわけでね。

ていうかこういうオチがホントに実現しそうで怖いよ。

・C,C、カレン他黒の騎士団
カレンはやっぱりストレートがいいです。やっぱりかわいい。
あのカニみたいなヘアースタイルはいかん、実にいかん。

それはともかく、カレンはナナリーのことに気づいてないのかな。
そんなはずはないはずなんですけど。「また取り返せばいい」とか言ってるしね。
しかしまぁ、打ちひしがれてるルルに叱咤をいれる前に聞いておくべきことなんじゃないかなぁ。
このへんがR2になって微妙になったとこですかね。

でも、叱咤はいい感じ。ギアスの主人公はルルでもスザクでもなくカレンだと思い始めた。

C,Cは本妻の余裕ですかね。今回は特に書くこと無いかな。
カグヤは、正直いらんかったかなぁ。なんか終盤で処理に困りそう。

藤堂はカッコいいですね。指揮官たるものはこうでなければ。

・ロロ
キモいです。さすがは水島大宙。
ていうかこの声で三十路超えてるんですよね彼。
いやはや声優ってのは凄いな………

・復活のルル
生徒会のメンバーに励まされたというかなんというか
花火だったり鶴を折ったりしてましたが、日本人に感情移入してる私はもちろんイライラしっぱなし。
今の生徒会メンバーはひょっとしたらスザク以上に嫌いかもしれない。

というわけで、彼らに励まされたルルも個人的には結構微妙です。
その後の流れは良かったんですけどね。ルルがゼロの格好をしてヴィンセントに乗ってきたあたりはやっぱり興奮しましたし。
まぁ、ヴィンセントにいつフロートつけたのさ、とか、その衣装にスペアがあったのか、とか細かいところが色々気にはなりますが、そういうところに突っ込んだら負けなアニメなのは重々承知してるので普通に無視。

で、特区日本への参加を宣言して終わるわけですが。
最初は特区日本を取り込んで、うまい具合にナナリーを懐柔してブリタニアに再度喧嘩を売るんだろうかと思ったんです。

ただ、気になるシーンがひとつ。
ルルが生徒会の面々に励まされたときに、もう一度ここで花火をやろうとかなんとか言ってました。
普通なら、あんたが日本を解放すれば彼らはここにはいれないよ、と突っ込みたくなるところですが、いかんせんルルの中では、ナナリーの意思>ルルの意思なわけで。

ひょっとしたらマジに特区日本に加わるのかもしれませんね。
来週の次回予告を見るとそういうわけでもなさそうなんですが、少なくともナナリーがいる以上日本に駐留してるブリタニア軍とは戦いにくいでしょうしね。

相変わらず先の読めない展開が続きます。
色々と文句は言ってますが正直凄く楽しんでます。
ただ、感情移入しすぎるあまりイライラしてるというだけでw

つたない初感想でしたがいかかでしたか?
あーだこーだいろいろ書いてますが、あらすじ書いて感想というようなブログにはしたくなかったので。

中途半端なところからはじめてますが、これからいろいろ書いていこうと思います。
といっても今期はこれしか見てないので、ギアス1期だとか他に見た作品の感想でも書こうかなぁ。

とりあえず始めまして

ブログどころか日記すらまともに書けなかった人間ですが
どうせ時間はあるんだからやってみようと思います。

つたない文章ですがどうかよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。